妊婦さんの不調

初めての方にお得

↓ ↓ さ ら に ↓ ↓

全額返金保証

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 妊娠による肩こり腰痛がしんどい
  • むくみや冷えがひどい
  • お腹の張りがしんどい
  • つわりがひどく、つらい
  • 薬は飲みたくない
  • 妊婦だと診てくれない

妊婦さん

妊娠中の体の変化

妊娠すると体は大きく変化します。

お腹の中で赤ちゃんができて出産する過程には、お母さんの体がいくつもの変化をすることによって無事に元気な赤ちゃんを産む事ができます。

 

変化には、ホルモンの変化・姿勢の変化・体調の変化・自律神経の変化などがあります。

 

妊婦さんの体の変化

ホルモンの変化

赤ちゃんができるとお母さんの体は赤ちゃんを育てる為の体に変わります。

そこで大きく変わるのがホルモンの分泌(働き)です。

 

赤ちゃんができるとまずゴナドトロピンが活発に働き出しエストロゲンとプロジェステロンの生成を刺激します。

ゴナドトロピンとは妊娠初期に出てくるホルモンで血液中や尿の中にも含まれています。妊娠検査薬で妊娠が確認できるのもこのホルモンによるためです。

ゴナドトロピンにより刺激されたエストロゲンとプロジェステロンの二つのホルモンが共同作業を行い出産できる体に変化させていきます。

エストロゲンとプロジェステロは妊娠する前から常に出ています。

思春期あたりから活発になり、月経周期を調節したり女性らしい体づくりをしているホルモンです。

このホルモンが妊娠時に活発に働き子宮内膜の形成やおっぱいや骨盤に血液の供給を増やし子宮の筋肉を柔らかくする働きがあります。

血流量が増える為ゴナドトロピンが分泌されるとほてりを感じる事があります。

プロジェステロンは消化管にも影響を加え食べ物が送られる働きを遅らせ、便秘の発生・疲労などの原因とも言われています。

 

妊娠後期になるとリラキシンというホルモンが出だします。

このホルモンは陣痛に備えてお母さんの関節や靭帯の緩める効果があります。

特に骨盤の恥骨結合という骨盤の結合部に働き分娩時に赤ちゃんが産道を通りやすいようにしてくれます。

 

出産後に働くホルモンとしてオキシトシンとプロラクチンがあります。

この二つは主に母乳の分泌を促すホルモンになります。

胎児

姿勢の変化

赤ちゃんが育っていきお腹が大きくなってくるとお母さんの姿勢がどんどん変化していきます。

腰が引き気味になり背中が丸くなっていき猫背になり膝も曲がり気味になってしまう事が多いですね。

どうしてもこの姿勢になってしまうと腰痛や肩こりや膝痛を起こしやすくなってしまいます。

ただ、ここで間違えてはいけないのは姿勢が変わりつつもバランスが取れているかどうかです。

姿勢が丸くなるから腰痛肩こりが出て当たり前と思っているのは間違いです。

赤ちゃんをお腹で支える姿勢になって腰が引けていてもバランスが取れていれば痛みに変わることはないのです。

特にこのバランスというのは出産の時にも大きく関わってきます。

バランスの整っている体と整っていない体では出産にかかる負担が大きく違います。

治療をすることでバランスを整え、出産時にかかる負担を減らすことでお母さんの体へのしんどさを減らし、さらに赤ちゃんへの負担も大きく減らす事が出来るので無事に出産をする事が出来るようになります。

姿勢の悪い妊婦さん

体調の変化

妊娠をすると体調の変化が激しくなります。

ホルモンの変化や姿勢の変化が影響して体調が変動しやすくなります。

 

ホルモンの変化により体温が高くなったりほてったりします。

他にも胸が張ってきて痛みが出たり胃腸の調子が悪くなったりもしてきます。

立ちくらみやめまいも頻繁に起こる場合もあります。

そしてこれらを回復させようと体が寝よう寝ようとします。

いつもより眠気が強くなったり体がだるくなったり、常に眠くなるようになりと、体を休めようと反応を起こします。

体調不良

自律神経の変化

そしてこれらのすべての変化を統括しているのが自律神経です。

自律神経はお母さんが妊娠すると無事に出産できるよに体をどんどん作り変えていきます。

自律神経が正常に働く体が非常に重要です。

自律神経がちゃんと働かなければ他に書いてあるすべての変化がいい状態で変わる事ができません。

 

例えるなら、つわりがひどくなったり、腰痛肩こりがひどく出たり、不眠やめまい・頭痛が頻繁に出たりと、非常にしんどい状態が続きます。

 

自律神経の働きが非常に重要です。

神経の働きを良くする事が、お母さんの体にとっても赤ちゃん自体にもいい状態で出産を迎える事ができます。

元気な妊婦さん

妊娠中は整体しても大丈夫なの?

妊婦だと治療院で治療が受けれないと思っている方が多いようですが、産婦人科で絶対安静など言われてない限りは施術を受けても問題はありません。

むしろ治療をすることにより体調が良くなりお母さんが元気になると、お腹の中のあかちゃんも元気になります。

元気な母体に元気な赤ちゃんが育っていきます。

 

どうしても妊娠することにより肩こりや腰痛が出てしまう事が多いです。

そういった不調や他にも体が冷えたり、つわりがひどかったりとお母さん自体がしんどい状態は赤ちゃんにとってもしんどい状態につながります。

 

当院は特殊なベットと使っておりますので、妊婦さんでお腹が出てきていても問題なくうつ伏せの姿勢をとる事ができます。

 

きちっと治療をして体調を万全にし、出産までの体を常にベストな状態を保つことによって出産がすごく楽になります。

お母さん自身の体の為はもちろんですが、お腹の中にいる赤ちゃんの為にもぜひ当院へおこしください。

赤ちゃんとお母さん

初めての方にお得

↓ ↓ さ ら に ↓ ↓

全額返金保証

妊娠中はレントゲンによる検査はいたしません。

 

理由1

理由2

理由3

理由4

理由5

なぜ医師や歯科医師が推薦するのか

痛みや不調のおこる機序

リライト整体

リライト整体1

体の歪みや不調は自律神経からくるものがほとんどです。

 

リライト整体は 痛み・不調の原因である自律神経の働きを良くし、体全体のバランスから治し痛みや不調の出ない体を取り戻していく治療法です。

リライト整体2

リライト整体により自律神経が正常に働きそれぞれの内臓の位置・機能を戻します。

リライト整体3

リライト整体により筋膜リリースすることにより筋肉自体に柔軟性を与え循環を良くし疲れが溜まりにくい体を作っていきます。

リライト整体4

関節の可動域などの改善をすることにより、さらに正常な体を保つ事ができます。

リライト整体5

リライト整体により神経・筋肉・骨のバランスを整えた後、脳の運動パターンを変えることにより再発防止予防につながっていきます。

代表写真

大阪のみなさまの健康寿命を延ばし、やりたい事を出来る体作りの助けをしたい!

初めまして!大阪の整体「のぎ整骨院」の山田です。

やりたい事・やらなければならない事があるのに痛みや体の不調で思う様に出来ない、もしくは体のパフォーマンスをさらに上げたいと思っている人の役に立ちたいと思い日々研究を重ねています。

あなたの体の痛みや不調は繰り返し再発していませんか?

骨格の検査筋肉の使い方の検査などのぎ整骨院では他の治療院にはない検査方法で痛みや不調の本当の根本的な原因を見つけ出し改善することによって痛みや不調をなくし再発防止や予防に努めさせていただいております。

痛みを取るのは当然。その先の健康な体を手に入れるお手伝いさせていただきます。

あなたのご来院心よりお待ちしております。

               のぎ整骨院 山田裕太

初めての方にお得

↓ ↓ さ ら に ↓ ↓

全額返金保証