ヘルニアによる左腕から手のしびれの改善の経緯

男性

O様

お住まいの地域 羽曳野市
ご年齢 40代
お仕事 会社員
お悩みの症状 左上肢のしびれ

O様が来院された経緯

20年前に頸椎ヘルニアを発症。

3ヶ月間寝たきりの生活を送っていた。その時は安静にすることにより症状を落ち着かせた。

 

たまに左手にしびれはあったが、ここ最近約1ヶ月前から症状が悪化。ヘルニアが再発。

手のしびれが強く病院では手術を勧められるが手術はしたくないとの事で当院へ来院。

当院での検査結果

体を検査した結果…

・頸椎4・5番のヘルニア

・ストレートネック

・頸椎1番・6番・7番の可動性低下

・骨盤のずれ

でした。

 

レントゲンの検査結果やはり頸椎4・5番に圧迫が観れヘルニアが再発している事が確定しました。

実際にしびれや痛みを生んでるのはこの4・5番のヘルニア部分になるのですが、ここは起きてしまった結果なのでこの部位をどうこうすることはありません。ここは被害者になります。

ではなぜヘルニアが起きたのかの原因を探していきます。

このヘルニアを起こしている実際の黒幕は頸椎1番の固まりである事がわかりました。

 

頸椎ヘルニアについて詳しくはこちら

頸椎ヘルニア