腰痛が改善される経緯

N様

女性

お住い 大阪市
ご年齢 60代
お仕事 主婦
お悩みの症状 腰痛・ふくらはぎの痛み

N様が来院された経緯

1ヶ月ほど前から腰に痛みを強く感じる様になった。

以前から慢性的な腰痛はあったが、たまにひどくなる事が何度かあった。

過去にぎっくり腰を2〜3回したことがあった。

特に右側の腰やお尻が痛く、下を向くと痛みが増す。

右腰が痛くなると同時に右のふくらはぎも痛くなり出した。

 

他にも、左肩の痛みがある。

上にあげたり後ろに回すのが痛くてできない。

肩こりも強く感じている。(結婚したぐらいから)

めまい・不眠・左の膝に水が溜まりやすいなどの症状もあった。

 

メインは腰やふくらはぎを良くしてほしいが、体全体的に見てほしいとのことで来院されました。

当院での検査結果

レントゲンを撮っていただいた結果…

・頸椎1番の可動性低下

・頸椎5番の可動性低下

・頸椎6番の可動性低下

・頸椎7番の可動性低下

・頸椎5・6番の骨変形

・頸椎5・6番のヘルニア

・ストレートネック

・骨盤後屈

・強度の筋力低下

が見られました。

今回の検査結果、メインの症状が出ている腰などには目立った異常は見られませんでした。

唯一骨盤の後屈が見られましたが、これは今回の症状とはあまり関係ない様に見えます。

後屈が生まれる原因としては姿勢の悪さからくるものです。

N様の問題は腰よりも頸椎にある事がレントゲンを見ることによりわかって来ました。

腰には異常がなく、首に多くの異常が見られました。

特に注目しなければならないのが頸椎1番の可動性低下です。

先ほども言った様に、腰の後屈を生んでいるのは姿勢の悪さです。

この姿勢を作っているのは自律神経という神経が勝手にコントロールして出来ているものです。

勝手にというのは意識的には出来ないということです。

自律神経の働きに大きく関わってくるのが頸椎1番の動きになります。

頸椎1番が動かなければそれだけで自律神経の働きが大幅に阻害されてしまいます。

結果、神経が働かないことにより体のバランスが崩れ(姿勢が悪くなり)腰への負担が大きくなって行き、最終的には痛みや痺れを生んでしまっています。

他にも首の骨の変形やヘルニア・ストレートネックなどもありましたので首へのダメージも相当なものとわかりました。

自覚的に首への不調は感じておられませんでしたが、今回レントゲンを見ることによって色々と気づけた事に驚かれていました。

今はヘルニア症状はないみたいですが、確実にこのまま置いていると手の痺れや痛みが出てくる事がわかります。

検査結果色々と見えるものがありましたが、一番注目しなければならないのが頸椎1番です。

体のバランスをコントロールする自律神経に大きく関わっている頸椎1番を徹底的に治療する事により腰や足への負担を無くして行き、痛みのない正常な体を目指して行きます。

治療内容と経過

初回施術時に治療をしたのは頸椎1番のみです。

腰や足の不調で来てくださったのですが、痛んでる部位は触らずに治して行きます。(痛んでる部位は痛みの原因では無いから

まずは頸椎1番を働かせ、自律神経が正常に働く様に持って行きます。

結果、自律神経が働く事により体のバランスが整い(姿勢が良くなり)腰への負担が消え、その場で腰の痛みが軽減したと喜んでくれました。

まだ痛みがゼロになったとは言えませんが体の変化驚きと喜びを感じておられました。

今回の治療は頸椎1番のみとします。

他にも改善する点はありますが、急に全てを触っていくとそのぶん反動が大きくなるため今回は1箇所でより効果的に体が良くなる頸椎1番のみの治療としました。

 

2回目の治療

2回目の治療は4日後に来て頂きました。

腰の痛みはまだ有るものの強さがマシになっているのが続いている。

ただ、ふくらはぎの痛みは取れず、まだ痛む。

肩の痛みも継続して有る。

めまいや不眠はすぐに良くなった

少し筋肉痛があちこちに出たとのことでした。

 

2回目にしてはすごくいい反応をしてくれました。

腰や不眠・めまいは良くなったものの、ふくらはぎと肩は特に変化なく痛んでいたが、筋肉痛が出るという事がすごく良い事でした。

なぜ筋肉痛がいい反応かと言いますと、筋肉痛が出るということは今までに使えなかった筋肉が使えるよになり、筋肉が強くなろうとした結果だからです。

結論、体の使い方が変わり姿勢が良くなり無意識に腰への負担が減る姿勢を取れている証拠です。

 

ただ、2回目の体を確認していくとやはり所々悪い状態の体に戻っているので、また体を調節して正常な体へ戻して行きます。

 

2回目の施術部位としては、前回同様頸椎1番をメインに治療して行き、今回から胸椎(背骨)骨盤も同時に調整して行き、全体的に体を整えて行きました。

1回目同様に体の変化に驚き、症状がマシになったとこに喜びを感じておられました。

僕から見ても体の反応が非常に良いので早い回復が見込めました。

 

3回目の治療以降

3回目以降の治療は1週間に1度診ていく事にしました。

3回目4回目と治療を重ねるごとに腰の痛みは良くなって行き、次第にふくらはぎも痛みが消えて行きました。

肩も徐々に上がる様になって行き、6週目には完全に痛みなく動く様になりました。

トータル8回治療終わった頃にはほぼ症状が消えており、問題なく日常生活も送れる様になっていました。

8回目以降は再発防止とさらなる体のパフォーマンスの向上を目指し月1〜2回のメンテナンスを続けていくとのことでした。

今回の症例のまとめ

今回、腰痛で来院されましたが色々と検査した結果腰自体には特に問題はありませんでした。

どこに問題があったかというと、でした。

頸椎の1番5・6番の変形ヘルニアなどが影響して自律神経の働きが悪くなり、体のバランスが崩れ負荷がかかるところが出て来てしまい、痛みや痺れが出てしまう体になってしまっていました。

バランスが悪くなる事により姿勢が乱れる事によって体の不調が出ていましたので、まずはバランスを整える事が大事でした。

結果、触らずに首や背骨や骨盤だけを触り、バランスを整える事によって体を正常化させて痛み・痺れのない体を作って行きました。

N様の場合強度の筋力低下もありましたので、どうしても良い状態を維持するのが難しく悪い状態にも戻りやすかったですが、弱っている筋肉を強化する事により弱点を克服して行きました。

 

痛みや痺れなど不調が出ていても、出ているところが悪のではなく他に原因がある事がほとんどです。

しっかりと検査をする事によって悪い場所を特定し的確に治療していく事が大事ですね。

この記事の制作者

製作者の写真

山田 裕太(やまだ ゆうた)

大阪府大阪市の整体・整骨院「のぎ整骨院」副院長

国家資格:鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師

趣味:筋トレ・健康な体づくり

体の不調を取り除き、今まで我慢して来たことを出来る体づくりをコンセプトに日々勉強・施術をしております。

平成元年5月19日生 大阪府大阪市出身

詳しいプロフィールはこちら